80台出したい!! いつかは72!!

久しぶりに

練習に行ってきました。

 

先月のラウンドで、もうやめる気持ちいっぱいでしたが、時間がたつにつれ「あ~したら?」、「こ~したら?」が次々に浮かんで来ましたので、試すべく練習場に行ってきました。

 

今回思いついたのは、伸びあがりの原因です。

長らく、インパクトでかかとが浮き、体が伸びあがるのが気になっていましたが、スコアには影響ないだろうと見ないふりをしてきました。

しかし、前回のラウンドでのダフリトップの原因を考え、加えて撮ってもらった動画を見ると、やはり伸びあがりにあるように思えます。

体が伸びあがるタイミングずれるとダフリトップにつながるようです。

 

ずっと「伸びあがらないように、伸びあがらないよう」と呪文を唱えつつスイングしてきましたが伸びあがる・・・。

 

原因はほかにあるのでは・・・?

 

自分のスイングの動画を見ると、アドレスの手首の角度、手首のライ角というんでしょうか?がインパクトでは水平になってしまっていました。

その分クラブが下がり、それを補うために体が伸びあがってバランスを保っているんではないかと思います。

実際ソールの後を見ると、トゥ側に多くの跡がついています。

 

ですので、今日はその手首の角度をキープするように心がけてきました。

すると、まだまだ違和感いっぱいなのですが、確実にかかとは浮かなくなってきました。加えて、かなり軽い力で振っているのに普段以上の飛距離が出ていました。手首の回線が使えるようで、その分の力が加わってくれているような気がします。

AW、5Iはいい感じになってきましたが4Wは全然でした。

 

まずは短いクラブから、形を作っていこうかと・・・、ちょっとやる気が出てきました。

 

 

子のスイングがあっているのか、間違っているのかはわかりませんが、伸びあがりは解消できそうなので、年末年始の赤羽に向けてスイング改造してみようと思います。

練習

素振りをしていても、どうにも左足に乗り切れない感じかしていましたが、なかなか練習にいけず。

 

やっと今日は子どものスイミングの送迎の合間に行けました。

 

左足に乗ることばかり意識していると、スイングがギクシャク。

 

ちょいハンドダウン気味に構えているのですが、左足に乗ろうとすると違和感。

で、クラブのライ角通り構えてみると振りやすい。

更にゆっくり振るとよく当たる。(隣で所属プロが練習していたので参考にさせてもらいました)

この打ち方だと意識しなくても左足にしっかり乗れてました。

 

ハンドダウンだと、その場で回るスイングが出やすい傾向にあるようです。

 

よくあたり、スライスもだいぶ減ってきたと感じ出したところでタイムアップ、お迎えの時間になりました。

 

 

「ライ角通り、ゆっくり」

 

でも、球を左に置きすぎると引っ掛けます。

気をつけなくては。

ラウンド

一昨日は久しぶりのラウンドで諏訪レイクヒルへ。

f:id:ganba-takashi:20180905092945j:image

出だしのティーショットからスライスが止まらず、散々でした。

本気でもう帰って、ゴルフ辞めたいとまで思う程でした・・・。

(そんなこといいながら、絶対に辞めないのでしょうが・・・)

f:id:ganba-takashi:20180905093054j:image

そんなこんなで。午前中は2OBで51。

 

 

午後はティーショットのウッドは諦めて、アイアンでうってみることに。取り敢えず打てる場所には持っていけましたが、3打目の距離が残りスコアには繋げることはできずでした。

 

で、午後はなんとか46。

 

感想としては、ボロボロだった割に100を切れたのは、意外とボギーが取れるようになってきたのかなぁと。ティーショットを2打目が打てるところに持っていけることが大切だと。

後は、グリーン周りからのアプローチはまぁまぁ不安なく乗せられるようになりましたが、50ヤードを超えてくると途端に不安・・・。

 

f:id:ganba-takashi:20180905091923j:image

 

帰った後、あんまりにティーショットのスライスが酷くて悔しいので練習に来ました。(子どものスイミングの送迎に合わせて)

雑誌の記事を信じて普段はあまりウッド系は打たないのですが、この日は集中して4wを打ちました。

久しぶりにたくさん打って見えてきたのは、アイアンと違う打ち方をしている事でした。

 

アイアンは上から打ち込むイメージで打ち、フィニッシュでは左足に乗れてるのですが、ウッドは右足に体重が残り、払い打つようにしているようでした。

アイアンの様に上から打ち込むように打ってみると、スライスがフェード気味になってきました。

f:id:ganba-takashi:20180905092937j:image
いつもの「分かった!」、「開眼した!」と変わらないような気もしますが・・・。

 

そうならないように、次回の練習でも、ちょっと多めにウッドを打ち込んでみようと思います。

ドローに戻そうかと思いつつ

練習に行ってみれば、ドローどころかどフック。

 

やっぱりフェード(スライス)のほうが安心っぽいです。

 

 

で、ボール位置をたくさん研究してみたところ、グリップの真ん中位をもってアイアンもウッドも左手延長線上がまず左に行かないところのようです。当然度スライスはありますが・・・。

あとは狙ったところへ置きに行くイメージ。

 

振って飛ばそうとしないことも大事そうです。

 

 

この位置にして、ティーグランド左端から、もしくはグリーン左端を狙って次のラウンドをしてみようと思います。

ドローに戻そうかと・・・。

数年前までドロー(フック)を打っていたのですが、日本のゴルフ場はスライスにやさしく、フックには難しくできていることから、フェード(スライス)の球筋に強制してきました。

 

が、スライスが止まりません・・・。

曲がりすぎです。

 

ということで、何度目の球筋変更かわかりませんが、ドロー(フック)に戻そうと思い立ち、練習に行ってきました。

 

昔打っていただけあって、そんなに苦も無く(若干の違和感はあり)打つことができました。

 

アイアンは・・・。

 

むしろあたりが厚くなって飛距離も伸びた感じです。

 

アイアンは・・・。

 

 

ウッドはいい球も出るのですが、チーピンもたくさん。

右へ左へ忙しいウッドです。

 

 

来月の頭に久しぶりのラウンドがあるので、そこまでに曲がり幅を抑えられるようにしたいです・・・。

 

蛇足ですが、

自然に足を組んだ時、左足が上になる人はドロー。右足が上になる人はフェードが持ち球になるそうです。

若干眉唾ではありますが・・・。

薄暮その3

f:id:ganba-takashi:20180814180656j:image

10番

引っ掛ける、セカンド風でオーバー、アプローチが寄ってパー。

11番

アゲインスト見越して、1番手大きく8番でオン、パー。

12番

ユーティリティスライス、ワンペナ助かる、フェアウェイに出した3打目フェアウェイウッドどスライスでワンペナ、せっかく助かったのに、5打目が寄ってボギー。

13番

ティーショットスライス、セカンド引っ掛けてバンカー、出すだけ、次も寄らずダボ。

14番

ティーショットスライスでラフ、セカンドグラスバンカー手前に寄せるが、サードダブル、次も寄らずダボ。

15番

ボールをprov1に戻してフェアウェイキープ、セカンド70y寄ってバーディ!!

16番

長く持ったらドロー気味、逆球になりワンペナ、サードドローで左に外す、アプローチ寄らず、ダボ。

17番

ダフってショート、アプローチ寄らずボギー。

18番

ヘッドアップでチョロ、セカンド左ラフ、サードトップ気味でバンカー左に助かるが、次が寄らずボギー。

 

前半のパーと15番のバーディで何とかスコアになりました。

 

クラブは短く持ちすぎてたのかも(ほぼグリップの端っこ)長く持つ方がヘッドが走ってスライスしない気がする。遠心力は半径の二乗にに比例するし・・・。

 

グリップの真ん中よりちょい長目が良さげ、練習必要。

 

ボールはコルテオのが確実に飛ばなかった、ヘッドスピード42よりはあるらしい。